インターネットの海へ航海
インターネットサービスプロバイダのお得なキャンペーン情報をご案内します。
ホームボタン

WiMAXサービスを運用するプロバイダなんです

WiMAXサービスを運用するプロバイダなんですけど、数社存在します。それぞれのプロバイダが行っているキャンペーンによってお得感は異なりますから、その辺り、お気を付け下さい。一例ですが、WiMAXとタブレットの両方が欲しいと言うのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+がそう言うキャンペーン展開を行っています。こういった風に、各キャンペーン毎にお得感は異なって来ますから、ちゃんとプロバイダ選びは行いたいものです。

WiMAXの月々の料金ですが、実を言うと、契約先によって料金が違います。
例を挙げると、Broad WiMAXの場合、最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が割引きされます。

はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですけど、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高くなります。こう言った感じに、各契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを理解した上で申し込み先を検討しましょう。
WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。



結構な値段となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。

ってことで、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットで無料のとこもありますので、そんなプロバイダを選ぶとベストです。nifty WiMAXでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。
キャンペーン対象となるWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスになります。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が可能になります。WiMAX端末を所持してなくても利用する事が可能ですし、帯域制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判のあるインターネットサービスとなっています。

近頃、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ました。例を出すと、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を導入しています。または、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入しています。いずれの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。それぞれのWiMAX端末にはクレードルと言う充電用台座が別売りで売られていて、値段としてはおよそ3000円ほどします。

このクレードルの必要性が気になると言う人もいるでしょうが、基本的にはなくてもWiMAXを利用する事が出来ます。

かと言って、クレードルがある事でイーサーネットポートを利用する事が可能ですから、LANケーブルを使ったAPモードやルータモードが利用する事が可能になります。



また、いつもWiMAX端末をフル充電の状態で維持する事が出来ますから、いつも外に持ち出す事が出来るようになります。BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうと、二種類あるキャッシュバック特典から任意のキャッシュバックキャンペーンを選択する事が出来ます。



一つ目のキャッシュバックキャンペーンが契約12ヵ月目に手続き開始になる現金キャッシュバックで、もう一方のキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。
Gポイントでのキャッシュバックの方が貰えるキャッシュバック額が少し多く、早い段階から貰えるのに合わせて、貰い損なってしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに使用出来ますし、楽天ポイントやnanacoポイントやTポイントなどの約140社のポイントに変換出来ます。



WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTEはauの基地局から発せられる通信回線を使用し、日本の人口カバー率が99%を超えている、非常に繋がりやすい通信回線です。

800MHzと言う低周波数を使うプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいのです。今までのau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアとか、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も増えて来ています。


それぞれのWiMAX端末にはクレードルと言った専用の充電台があるのですが、これがある事で2種類の通信モードを使用する事が出来ます。一つ目の通信モードがAPモードなんですけど、この通信モードはWiMAX端末をアクセスポイントとして利用する事の出来る機能で、ブロードバンドルーターとクレードルをLANケーブルで繋ぐ事でWiMAX端末がWi-Fiルーター代わりに使用出来ます。二つ目の通信モードがルータモードと言う通信モードなんですが、Wi-FiやBluetoothなどと言ったテザリングに対応していない古い機器とクレードルとをLANケーブルで繋ぐ事で、それらの機器を有線通信と言う方式でインターネットへアクセスさせる事が出来ます。

また、クレードルにWiMAX端末を接続する事でフル充電の状態が維持されますので、いつからでもWiMAX端末を外に持ち出す事が可能となります。


UQ WiMAXサービスに申し込むと、その機能性の高さにビックリさせられます。

私がWiMAXと契約後に感じたのが、速度制限が厳し過ぎないと言うところです。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですけど、速度制限のせいでイライラする状況がありません。UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気にするレベルでは無くなるのです。

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約の際に付いて来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額料金362円のオプションサービスもあります。このオプションサービスは何かと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の運営するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを使用出来るサービスの事です。

サービス対象となるアクセスポイントは全国に10

000ヶ所以上存在していて、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで使用する事が可能です。Wi2エリアの中には別で1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った金額分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。Broad WiMAXは株式会社リンクライフが運営するWiMAXサービスで、特に月額最安プランが印象的です。


月額最安プランと言った料金プランの特徴としては、月額料金が安い分初期費用が必要となる点が挙げられます。だけど、一定の条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが行われていますので、結局は初期費用を支払う必要が無くなります。


加えて、いつでも他のインターネットサービスに契約を移る事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最速で即日発送されると言った部分もBroad WiMAXの特徴となっています。

WiMAXサービスを利用して感じる利点は、複数思い浮かびます。
一点目が、モバイル通信と言う事で、任意の場所でネット通信を行なう事が出来ます。続いて思い浮かぶのが、モバイルインターネットですから、回線工事が不要だと言う点です。



他にも、ネット回線工事が必要ありませんから、毎月の負担も低い状態でインターネットが利用可能です。また、帯域制限が厳しくない部分も、WiMAXの魅力と言えます。


WiMAXサービスは電波を使用したインターネットですので、その方式ならではのメリットが沢山あります。例を出すと、これまでのインターネット回線のように建物単位での契約ではありませんので、WiMAX端末さえ身に付けて持ち歩けば、1回線分の契約で様々な場所からインターネットが可能です。
更に、無線と言う事で回線工事が必要ありませんので、WiMAX端末が契約先に届いて直ぐにインターネットを行なう事が出来るだけじゃなくて、回線工事の費用を負担する必要もないので安価でインターネットが出来ます。その上、無線なので配線で雑然とする事もありませんから、掃除も非常に楽だし部屋も整理されます。WiMAXサービスの中で、最もサポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対して情報を一番把握していますし、トラブル時のフォローも最も早くて的確で、サポート対応時間も最長です。

けれども、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店と契約をすると言う方法もあります。

代理店ならキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。UQ WiMAXを購入すると、WiMAX機器しか必要ないので、屋内がすっきりします。光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムは毎月レンタル料金が必要で、月額使用料金に上乗せされます。



一応、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますが、無線カードを使用する際はレンタル料を取られてしまいます。WiMAXサービスを導入した事により、私の生活は一変しました。



一番大きかった事は、スマホで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマホの通信量は浪費しなくなった訳です。

なので、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に観れるようになりました。PEPABO WiMAXと言うプロバイダは、通常は3種類の料金プランがあります。


28000円の高い現金のキャッシュバックが貰える通常プランや、月額料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。
その上、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。



時折、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、タイムセールはいつもラインナップされている料金プランではありません。WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと違約金を請求されてしまいます。



それほど長い契約期間になっていますので、しっかりとしたとこと契約をしたい所です。

意外と見落とされがちなのが、各契約先のサポートセンターの対応です。


カスタマーサービスの受付日が平日だけだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダもありますから、きちんと判断してから契約を行いたいものです。



Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。

なぜなら、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからなのです。
そんな理由で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく導入されました。更に、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応が取りやすくなりました。

近頃、WiMAXと言うサービスのプロバイ

近頃、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。


例を出せば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を導入しています。
はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入してます。
どちらの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも、ちょっと他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAXの系列のものが大半なのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。
そう言う訳で、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全く異なります。具体例を出すと、3回線を使用するキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、UQ WiMAX系統のプロバイダではランナップされていません。

WiMAXのサービスの中でも業界最安値で有名なプロバイダが、楽天の運営しているRacoupon WiMAX 2+と言うプロバイダです。Racoupon WiMAX 2+の強みは月額料金の安さだけではなく、楽天クーポンの割引チケットが1000円分付いて来ると言う点もあります。加えて、月額料金の中には安心サポートの料金も含まれていますから、万が一WiMAX端末が壊れた場合にも安心出来ます。

更には、普通は20000円するWiMAX端末代が、Racoupon WiMAX 2+であれば無料となる特典まで付いて来ます。



So-net モバイル WiMAX 2+のキャンペーンサイトへアクセスすると画面の右下に追尾型のウィジェットが出て来て、一体これは何なのかとビックリしてしまう人もいるでしょう。このウィジェットはSo-netの担当者とやり取りが出来るチャットスペースになっていて、キャンペーンサイトを読み進める過程で疑問を覚えた部分に関して、リアルタイムでオペレーターに質問を投げかける事が出来る仕組みになっています。
電話であれこれやり取りする事に対して緊張すると言う方であっても、文字でのやり取りであれば負担が少なくなるのではないでしょうか?ですから、そんな言う人にとってはとてもありがたい仕組みであり、十分に納得した上でSo-net モバイル WiMAX 2+へ申し込みを行なう事が出来ますので、サービス開始後に後悔してしまうような失敗は起こり辛くなります。


WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダがあります。


このプロバイダが展開しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う部分が特徴的です。

このセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。


月々500円掛かる有料サービスですから、6000円分のお得感があると言えるでしょう。



WiMAXと言うモバイルサービスの提供元は、auの子会社であるUQコミュニケーションズなのです。
って事で、auに連携したサービスがいくつか存在します。
その中で特徴的なのが、auスマートバリューmineなのです。WiMAXサービスの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が割引きされるサービスです。近年のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線で、人口カバー率99%を超える、とても受信しやすい通信回線なのです。
800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドなので、物質があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいです。従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大して来ています。WiMAX端末の中には、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応している機種もあります。
au 4G LTEは人口カバー率が99%の通信回線で、幅広いゾーンで繋がります。

合わせて、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますから、奥まった部分まで電波が届きます。

代わりに、一回でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が適用されます。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。

そのワケとして、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからです。そんな訳で、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。

そして、三日間の通信使用量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応がしやすくなりました。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうと、月額料金の支払いを行なうごとにGMOポイントが100pt貯まります。貯まったGMOポイントはBBウォレットで100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の利用料金の支払いに使用する事が出来ます。BBウォレットの残高にお金を振り込んでおけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用されます。



加えて、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりに使用出来たり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに利用する事も可能です。

▲ Page Top

Copyright (C) 2014 インターネットの海へ航海 All Rights Reserved.